オースリーチャージャー

低濃度オゾン発生装置がグリストラップを簡単に浄化!

グリストラップの油汚れと悪臭はとても頑固でしつこいもの。メンテナンスにかかる手間と経費に泣かされているかたも多いはずです。
O3チャージャーは新しい技術を使い、グリストラップのスピーディーかつ簡単な浄化を実現しました! 
驚きの効果をぜひ今すぐ体験してください!
数日のモニター設置でも浄化効果は絶大です!
設置前 12時間後
+++ 即効性が高く、数時間で見た目の変化、においの変化が現れます! +++
オゾン発生装置の仕組み
低濃度のオゾンを使い、グリストラップの表面に固まる油脂分を酸化分解して内部をきれいに浄化。オゾンの脱臭効果により厨房内の臭いも改善されます。
効果抜群! 1. 清掃の手間・コストを大幅削減
2. 厨房内の悪臭が改善
3. オゾンが雑菌の繁殖を防止
4. 油脂分を分解し、排水溝のつまりを防止
5.二次公害の心配なし
オゾン発生装置の仕組み
エアーポンプ
除湿フィルター
流量計
逆止弁
磁化器
オゾン発生器 NO.1
オゾン発生器 NO.2
散気管
オゾンによる油脂分解のメカニズム
グリストラップに滞留する油脂にオゾンを反応させると油脂が分解されて、サラサラになります。グリストラップ内で、どういった反応が起きているのでしょうか?

 一般的に油脂とは、動物性、植物性とに分けられます。
植物性油脂の主なものにはオリーブ油、菜種油等があり、動物性油脂には豚脂、牛脂、魚脂、バターなどがあります。どちらの油脂にも、不飽和脂肪酸が多く入っており、食用油の中の脂肪酸は油脂(化合物)として含まれております。動物性、植物性、共にグリストラップ内の食用油を構成する多くは、炭素の二重結合した不飽和脂肪酸であるオレイン酸で、そこへオゾンを反応させる事により、二重結合部でオゾニドを形成します。
 言い換えれば、−OH、−COOH、−CHOなどの親水性基を形成し、二重結合部を分離するようにするのです。チェーンがバラバラになるイメージです。つまり、油脂中の脂肪酸にオゾンが反応し、グリストラップ内の油脂が水に溶ける性質になる為、排水がサラサラの状態となるわけであります。
 グリストラップの中にオゾンを気泡にして送り込むことで、油脂分が見る見る消えてゆくのは、まさにこの作用なのであります。

 
メンテナンス・ランニングコスト・仕様
オースリーチャージャーのトップページ
このページのトップへ
 
チャージTOPページ トップページへ
【お問い合わせ先】
株式会社 チャージ
 TEL:045-434-3200 / FAX:045-432-9000
 〒222-0025 横浜市港北区篠原西町17−16
アウトソーシングコンサルティングトップページへ